加古川市の歯医者 中野デンタルクリニック

加古川市の歯科|中野デンタルクリニック

  • お問合わせはコチラ
  • WEB診療予約はコチラ
  • WEB診療予約はコチラ

お電話でのお問合わせ・ご予約は079-425-1812

虫歯治療

虫歯治療 -虫歯の進行について-

症状が軽い虫歯ほど簡単な治療で治療期間も短くなります。

しかし、症状が進行した虫歯になると、治療が大変になり治療期間も長くなります。

そのため、虫歯を早期に発見するために定期的な検診を受け、早期に治療することで体に対する負担も小さく、経済的にも負担が軽くなります。

C0 - ごく初期の虫歯

c0

歯の表面が少し溶け始め、白く濁った状態です。

この段階では歯に穴はあいていません。歯を削ることなく、フッ素塗布やキシリトールなどで修復することが可能です。

C1

c1

歯の表面のエナメル質に穴があいた状態で、痛みはほとんど感じません。

最小限に歯を削り、詰め物を詰める治療を行います。歯を削る際の麻酔はほとんど必要ありません。

C2

c2

虫歯がエナメル質の下の象牙質まで達した状態です。甘いものや冷たいものがしみるようになります。

症状によっては麻酔を使用しながら虫歯部分を削り取ったあと、歯型を採取し、詰め物または被せ物を製作し歯に装着します。

C3

c3

虫歯が神経にまで達し、熱いものがしみたり激しい痛みをともなうようになります。

神経が炎症を起こしていますので、麻酔をして神経を取り除く必要があります。

神経を取った状態のままでは細菌に感染してしまう可能性があるため、神経が入っていた歯の根(根管)を綺麗に洗浄した後、薬を詰めて密封します。

C4

c4

虫歯が進行すると最終的には歯の神経が死んでしまい、痛みを感じなくなります。

そのままさらに放置しておくと、歯の根が膿み、激痛をともなうようになります。ここまで進行してしまうと、歯を残すことが困難になり、多くの場合は抜歯をすることになります。